肌に優しいコットン

わたしたちの着ている衣料品や日用品の多くは繊維が使われています。繊維の中でも植物繊維であるコットンは、肌に優しく機能的でたくさんの人に好まれています。タオルや化粧用アイテムとしておなじみのコットンですが、最近は布ナプキンやトレーニングパンツなど様々なアイテムに使用されています。柔らかい素材で肌に優しいので、現在使用しているアイテムが合わないという人は、コットン素材を試してみましょう。

人気のコットン製品ランキング

ミシン
no.1

化粧用コットン

毎日のスキンケアやメイクで使われている女性が非常に多いです。化粧品のコットンには様々な種類があります。コストパフォーマンスに優れているコットン、化粧水を含みやすいシルクコットンなど豊富な種類があります。用途や自分の肌質に合わせて選べることが人気の秘密です。

no.2

寝具

コットン生地を使用した寝具は男女限らずに人気です。寝ている時はとてもたくさんの汗をかいています。コットン生地を使った寝具はシーツや枕などの寝具が大量の汗を吸い取ってくれるので快適な睡眠が出来ます。また、オーガニックコットンの生地で作られた寝具は赤ちゃんの肌にもとても優しいので大人も子供も安心して使えることが出来るのが人気の理由です。

no.3

コットンタオル

身体や顔を拭くタオルは、肌触りや吸水性の良さを条件に選ぶ人が多いです。タオルを選ぶなら、求めている条件を満たしているコットンタオルがオススメです。コットンタオルには、普通のコットンを使ったものとオーガニックコットンを使ったものがあります。タオルをつくるためだけに作られたマイクロコットンがあります。マイクロコットンは世界中の高級ホテルにも認められる最高の肌触りのタオルです。

no.4

ベビー用品

生まれたての赤ちゃんは肌がとてもデリケートです。なので、オーガニックコットンで作られたよだれかけやおむつカバーなどが人気です。ベビー用のギフトとして人気のオーガニックコットンの製品は、大変喜ばれるプレゼントです。

no.5

布ナプキン

生理の時に布ナプキンを使う女性が徐々に多くなっています。布ナプキンにはオーガニックコットンが使われています。繰り返し洗って使うことが出来ますので経済面に優れています。また、生理中は肌が敏感になります。オーガニックコットンのナプキンは敏感な肌に優しいのでかぶれにくく、ナプキンを着けている違和感がなく快適に過ごせるという理由で密かに人気になりつつあります。

寝具の生地はオーガニックコットンを選びましょう

布

コットンは何から出来ている?

木綿植物の種子についている綿毛から作られているのがコットンです。アオイ科の多年草をまとめて木綿植物と言います。この多年草は薄いベージュ色の花を咲かせた翌日に赤く変わっていき、しおれたあとに大きな実が出来ます。大きな実を割ると真っ白のコットンの繊維がでてきます。

生地

一番利用されている植物繊維

コットンの毛は乾くとねじれる特徴があります。その特徴を活かして糸を紡ぐことが考えられました。自然で見かけるコットンは毛が短いため、そのままの状態では繊維として利用するのが難しいです。販売されているコットン製品やコットン生地は、人の技術によって作り出されたものです。コットンは麻やジュートなど他の植物製品より多く使われている繊維なんです。

布

コットンの始まり

コットンは多くの衣料品や日用品に使われていて、日常生活でおなじみの繊維となっています。そんなコットンですが、意外とその歴史はとても古いです。コットンの綿花は紀元前5000年に見つかっていると言われています。現代でも愛用され、重宝されているコットン製品に今一度注目してみましょう。

ミシン

コットンの輸出量世界一になった日本

今の日本ではコットンを大量に消費しています。コットンが日本に伝わってきたのは奈良時代までさかのぼります。コットンは中国からの貢物として日本に贈られてきたのが始まりとされています。当時の日本ではまだ木綿製品は高級品で庶民の手には届かないものでした。一般庶民には手が届かなかった木綿製品が普及し始めたのは江戸時代になってからの出来事です。現代では日本産のコットンは輸出量が世界一になるほど生産されています。

ベロア生地を低価格で販売中

コットンが選ばれる3つの特徴

生地

素晴らしい肌触り

コットンはたくさんある繊維の中でも断トツで肌触りがとても良いです。コットンは柔らかく、程よい弾力性があります。繊維の先端が丸みを帯びているのでチクチク肌を刺して痛いこともありません。コットンの服などはとても肌に優しいため、赤ちゃんやアレルギー体質などのデリケートな肌でも着ることが出来ます。

乾燥した時期にある静電気が起こらない

乾燥する冬に特に多い静電気もコットンなら発生しにくいです。コットンは他の繊維よりも電気抵抗が低いという理由が上げられます。さらに、水分を吸収する力がとても強い性質であることも静電気を防止することができる特徴のひとつです。乾燥する季節はコットンで出来た服を着て、静電気を防止すると良いでしょう。

たくさんの衣料品にコットンが使われる

コットンは肌の汚れや汗をたくさん吸収してくれます。そして吸湿性に優れているので汗をかいた後の嫌なニオイを抑えてくれます。吸湿性に優れていることも、コットンが衣料品にたくさん使われている理由のひとつです。繊維によっては洗濯をすると縮んでしまう傷みやすいものもありますが、コットンは水に濡れると繊維の強度がより強くなります。ですので、コットンで出来た衣料品は洗濯回数を気にしないで洗うことが出来ます。

広告募集中