骨量を増やす

高い評価を受けている義歯治療

インプラントとは金属製の人工歯根のことで、これを顎の骨に直接埋め込み、その上に義歯を装着するのがインプラント治療です。非常に安定性が高く、天然の歯に近い使用感が得られるのが特徴です。 安定度が高いのは、インプラントが骨としっかり固着するためです。人工歯根はチタンが素材となっていますが、この金属には時間が経過するとまるで生体組織のように骨と結合するという特徴があります。そのため通常の入れ歯に比べてぐらつきが少なく、噛む力も天然の歯を失う前とさほど変わらない程度にまで回復します。

最新の治療法

インプラント治療は優れた点の多い治療技術ですが、課題もいくつかあります。 その1つに、誰でも治療が受けられるわけではないというのがあります。 先に述べたように人工歯根は顎の骨に穴を穿ってそこに直接埋め込まれます。そのため骨に歯根を受け入れるだけの厚みや深さがないと治療は不可能となります。 この課題を解決するため、現在では骨再生術、あるいは骨移植術といった治療法が開発されており、数は少ないもののいくつかの歯科医院で提供されています。 骨再生術は、患者の身体から採取した幹細胞をもとに骨を培養したり、骨充填剤という薬剤を使って骨を再生させるという方法です。一方の骨移植術は、顎の骨の別の個所や腰骨などから骨片を採取して移植する方法です。いずれも施術によってインプラントを埋め込むのに十分な骨量を確保します。