最新の治療法

近年注目されている歯科医院の治療法

虫歯等の詰め物の銀歯を自然な白さのものに変えたい方などに重宝されています。この技術は、ヨーロッパ諸国やアメリカを中心に人気を博しています。 機能審美治療のメリットは、短時間で治療ができることです。虫歯の詰め物を作る場合、ほとんどの症例は約1時間で終わります。数回の通院で詰め物をセットできるため、通院する回数も短縮できます。また、高品質なセラミックブロックで作成するので耐久性が高いこともメリットです。普通の詰め物よりも、長持ちさせられます。なので、歯科医院で非常に注目されている技術です。

機能審美治療の大まかな流れ

機能審美治療は、歯科医院で非常に重宝されているものです。そこで、ここでは初めて治療される方に具体的な治療手順をお教えします。まず、虫歯の部分を削った後、3D光学カメラで患部を撮影していきます。数秒の撮影で、患部の歯列がモニター上に再現されます。普通の虫歯歯科治療のように型取りをすることもないので手間がかかりません。それで、コンピューターの3D画面上で歯の形態や噛み合わせの調整を行い、修復物を設計します。修復物の設計後は、いろいろな色のセラミックブロックから最適な色を選定します。 次に、ミリングマシンという機械で、データをもとにセラミックブロックを削ります。それで、歯にあった詰め物を精密に作り出し、口腔内にセットして完了です。